ショッピング枠現金化

ショッピング枠現金化

よく電信柱などにクレジットカードのショッピング枠現金化という看板やチラシをみかけます。

 

このショッピング枠現金化とは、現金化する業者はいわば小売店のような形で、ボールペンのような比較的価値の安いものなどを10万円というありえない高額な値段で販売します。

 

それを利用者はカードのショッピング枠で購入することになります。

 

そして、カード会社から10万円が現金化業者に支払われ、その中から手数料を引いた金額を利用者に振込みなどで渡されます。

 

換金率は利用金額によってかわることが多く、8〜9割が換金率として設定されている業者多いです。10万円利用して換金率が90%であれば、その内9万円が利用者に支払われ残りの1万円が手数料として現金化業者の業者の利益となります。

 

どのような方が利用するかというと、消費者金融のキャッシングローンのカードの限度額が一杯で借りれない、またクレジットカードのキャッシング枠も限度額一杯という人がケースとして多いです。

 

なぜかというと、他のローン会社にキャッシングの申込をしても断られ、どの会社に行っても断られるケースが多く、総量規制で借入総額が年収の3分の1を超えていて新たな借入ができないと考えられるからです。

 

そのような状態になると、最後の手段として現金化するという方法に辿りつきます。

 

消費者金融だと審査で信用情報機関に履歴が残りますが、現金化は審査をしないので信用情報機関に情報が登録されることはありません。

 

借入状況も年収も無関係でただ買い物をするという感覚と同じなのでショッピング枠が空いていれば利用することができます。

 

現金は簡単に手にすることはできますが、当然後日カード会社から支払いの請求がくるので支払い続けなければいけません。

 

この現金化という行為につい、違反かどうかというと法令ぎりぎりのグレーゾーンなところですが、現在では現金化業者を貸金業者とみなし金融庁に貸金業の登録をしていない無許可の業者を取り締まる方向で進みつつあります。

 

【おすすめページ】⇒